2008年01月05日

今日はこっち。明日はどっち?

昨日はあの道を歩いたんだ。

今日はこの道を歩いたんだ。

明日はどの道を歩こうか?

◆1月2日
高校時代に一緒にバンドをやっていた親友と、札幌駅周辺のあらゆるお店へ行き、バーゲンに参戦。
昨年の嫌な事を忘れるが如く買いまくった結果、2万弱も使ってしまいました。苦笑
帰り、脚が棒のようになってヘトヘトになりながら、すすきのの某カフェにて、ケーキを頬張りながら語って一休み。
親友とこうしてまったり過ごす時間、大好き。

◆1月3日
先程の親友含む高校仲間4人で、北海道神宮へ初詣。
風邪を引いてしまった私は、みんなの待ち合わせの場にマスクをして登場。みんなに“マスクマン”といじられるハメに。笑
境内に向かうまでにずらりと並ぶ屋台。
あんな匂いやこんな匂い。
とびきりに寒かったけども、懐かしいお祭りの感覚。大好き。
おみくじの結果は吉。“威勢の良い一年になりそう”“計画を立てれば必ず成功する”“一度失敗しても、二度目は成功する”などの結果。人生を決める一年になるが故に、希望の持てる結果が出て素直に嬉しかったですね。

初詣の後は、友人の家で鍋パーティー。
友人の中学時代の卒アルを見ながら、自分の中学時代を思い出したり、知っている子を発見したり、卒アルの最後のページに載っているニュースを読んで「この頃にこんな事があったのか」と、年の経過に切なくなったりしていました。
鍋は、味噌ちゃんこ鍋。
平高仲間で鍋パ.jpg
5年以上の仲だけども、こうして鍋パをする事は初めてだったので、
温かい気持ちになり、「時が止まればいいのに」という感覚に襲われました。
食べ過ぎてしゃっくりが止まらなくて、帰りのバスや地下鉄の中で親友を爆笑させてしまった情けない夜でした。苦笑

◆1月4日
札幌の隣の北広島市に住んでいる祖父母の家へ、2年ぶりに家族4人全員で行きました。(昨年は妹が受験生だったため、妹抜きで行きました)
きりたんぽ鍋をご馳走になりました。
広島のおばあちゃん家でご馳走になったきりたんぽ鍋.jpg
また鍋かよ!って突っ込みたくなります。笑
中学時代の修学旅行で青森に行った際に食べたきりたんぽは、それほど感動は味わえませんでしたが、やはり祖母の手作りのきりたんぽは、それはそれは美味しく、幸せでした。
家族団欒の場で、祖母が昔の話を存分に語ってくれ、その時に様々な表情を見せてくれたことは、一生忘れません。
昨年の夏に、私は一人で祖父母の家に行ったのですが、その時一緒に祖母と屋根に上って夜中に流れ星を見た事は、祖母も一生忘れないと言ってくれて、胸が熱くなりました。
帰る前、祖母が作るシフォンケーキとチーズケーキを久々に食べて、また幸せな気分になりました。以前、「もう作らない」と言われたので尚更。
チーズケーキは、祖母の手作りが一番です。

◆1月5日
本日バイト初出勤。お昼の真っ青な空の下を、駅からホテルに向かって歩くと、とても清々しく、やる気が一瞬で湧いてきました。

バイト先の上司や後輩達に「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」――新年の挨拶から始まり、またいつものメンバーで仕事。
新年早々、法要の会食サービスはちょっときつかったです><
すっかり暗くなった帰り道では、お正月の休み気分から、一気に現実に引き戻された感がとてもしました。

帰宅し、お母さんが晩ご飯に作ってくれたチーちく(ちくわのチーズ詰めの揚げたもの)を、妹が私の部屋まで持って来てくれて、熱々のうちに食べたら、ほっこりと温かな幸せを感じました。

食後、昔よく聴いていた歌を久々に聴き、甘酸っぱい気持ちが湧き上がって来ました。

部屋。机にたくさん置いてある本や論文、資料、実習日誌。
私にのしかかる課題やテスト勉強の山を改めて認識し、今をしっかり生きなければいけないという確かな感情も燃え上がって来ています。
私の机@1月5日.jpg

***********
社会人になった友人たちから、社会人の辛さを痛いほど耳にします。
その度に、1.2年生の時にもっと遊べばよかったと思ってしまいます。
でも、過去を悔やんでいてはいけない。
2年生の夏休みに急性胃腸炎を患い、休みをほぼ全て台無しにしてしまったのも、自分の運命。
はたまた、周りの友達はいろんな所に行っているのに、自分は一人でサイクリング三昧。でも、それでいいんです!
友人の話を聞くと、無い物ねだりで凹んだりもしますが、私には私なりの生き方がある。
今は、他人と比べるという行為より、他人を受け入れつつ自分を最大限に受け入れるような生き方をしていきたいと思っています。


怒りが爆発しそうになったら、思いっきり枕を殴ればいい。
自分や他人がどうにもこうにも嫌になって、生きるのも嫌になった時は、暖かい布団に潜って好きな音楽を聴きながらぐっすり眠ればいい。
温かい気持ちになりたかったら、家族や気の合う仲間と一緒に居させてもらえばいい。
草がぼうぼうに生えていて歩きづらかったら、自分で頑張って草をむしり取って道を作ればいい。

一歩一歩自分のペースで歩いて、確かな道を作ろう。
posted by ちっぴぃー at 22:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76679200

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。